ショッピングカートを見る

“専門店としての川島屋ののこだわり” width=“85”

“徒然海苔コラム” width="85"

“店舗のご案内” width=“85”



カテゴリー
味付け種類


会社情報






“菱田司法書士事務所” width=“260”

rss atom
海苔の収穫時期と旬の考え方

海苔は保存の効く食べ物ですので年間を通じておいしく食べられますが、
海産物ですので、当然、旬があります。

収穫時期としては11月から3月の間となります。
基本的には、海水温が一番低くなる12月下旬から1月にかけて育ったものがおいしく、
また、新芽の方がおいしいです。

海苔は、生きたままの冷凍保存がききますので、
海苔が育ち始めた10月頃に一旦冷凍保存し、
一番水温が下がる時期にふたたび海に戻して育てる方法が一般的で、「冷凍網」と呼びます。

また、種付けした海苔をそのまま育てるものを「秋芽網」と呼びます。

時期的に11月〜12月に出回り、その年で最初に出回る海苔で、
お歳暮やお年賀に向けた商品とも言えます。

海苔の収穫は、ある程度伸びてきたところで、根元を残して刈り取ります。
芝生を刈るようなイメージですね。

「秋芽網」は約4回、「冷凍網」は約10回刈り取りを行います。

基本的には冷凍網の一番摘みのものが、一番美味しい時期のものです。

 

海苔の価格の基本的な決め方

海苔は毎年収穫されます。そ
して海苔の仕入れは入札です。

販売価格に対して仕入れ値の上限金額を設定し、
その中で最も良いと思える原料を仕入れます。

不作や豊作の場合、ある程度の余裕をもって仕入れにのぞみますが、
それでも受け止めきれない場合は、販売価格を操作するか、
品質を操作しなければならなくなります。

海苔の市場価格は原料価格に大きく依存します。

 

一般的な新海苔「秋芽網」

秋芽網から最初に収穫される海苔はいわゆる「新海苔」といわれ、
12月頃から店頭に並びます。

特に初摘みのものは、その年に本当に最初に収穫されたものですので、
真の新海苔といえると思います。

上記にも述べましたが、冷凍網のほうが美味しいのに、
何故この時期に新海苔を収穫するかというと、販売者側の意向が大きく影響しております。

お歳暮時期に何とか合わせるために、
準備の間に合う限界まで遅らせて海苔を収穫します。
また、生産者にとっても、
少しでも生産量を増やすために必要なことでもあります。

当店の場合、秋芽網はほぼ使わないのですが、
その年の生産地の出来の良し悪しを判断するのに
秋芽網の海苔の出来を参考にしています。

そして秋芽網が順調だった生産地の冷凍網に注目し、その年の仕入れに臨みます。

 

美味しさ重視の「冷凍網」

冷凍、というと非常に聞こえは悪いのですが、
先に書いた通り、海苔は冷凍網から収穫される海苔のほうが美味しいものがとれます。

これは海苔の生育に適した、
水温の低い時期に冷凍網が海に戻されるからです。

当店も年明けにこの冷凍網の初摘みのものを新海苔として多少ご用意致しますが、
あまり大々的に新海苔を告知していないこともあり、
当店のお客様は新海苔に対してのリアクションは良くも悪くも薄いです。

 

海苔の美味しさを判断する材料は、旬以外も沢山

究極的には秋芽網であれ、冷凍網であれ、食べて美味しいかどうかが全てです。
新海苔かどうかも実はあまり関係ありません。
場合によっては初摘みでなくても良いのかもしれません。

海苔の美味しさを判断する材料となる
「産地」「等級」「収穫時期」
の情報が細かく開示されていない以上、
消費者の皆様にはその購入するお店の信用で海苔を判断していただくことになると思います。