ショッピングカートを見る

“専門店としての川島屋ののこだわり” width=“85”

“徒然海苔コラム” width="85"

“店舗のご案内” width=“85”



カテゴリー
味付け種類


会社情報






“菱田司法書士事務所” width=“260”

rss atom
美味しい海苔とは?!

自分が海苔屋でありながらこのようなことを言うのは非常に寂しいことですが、
現在海苔を消費しているほとんどの方が、海苔というものにあまり関心がなく、
美味しいとかまずいとか、海苔についてそんなことを考えたこともないと思います。

そしてそのうちのほとんどの方がこの先も特に美味しい海苔に出会うこともなく、
美味しい海苔を知らないまま過ごすのだと思います。


しかし、当サイトにお越しいただき、今このページをご覧いただいている方は、
かなり海苔に関心をお持ちで、
できることなら美味しい海苔を手に入れたい、召し上がりたい、誰かに教えてあげたい、
などとお考えだと思います。
僕もそのような海苔好きの方には是非納得のいく、
美味しい海苔を見つけていただきたいと思っています。


 
美味しい海苔の基準

ただし、これはあくまでも販売店の基準ですので、
美味しい海苔を表す指標として、最も分かりやすいものが値段です。
美味しい海苔を知るためには、ざっくりと海苔市場を把握しなければなりません。
同じ値段でもお店によって味が全然違う場合も多々あります。


まず前提として売値が1帖200円以下のものは、
どんな理由があれ、そんなに美味しいことはないと思われます。

なぜなら、どんな商品でも製造するためには生産コストがかかり、
それらをふまえるとその価格で提供できる海苔の品質には限界があるからです。

海苔の最低ラインはそのあたりとご理解いただき、
次は最高ラインを知っていただきたいと思います。

市場には1帖数千円と考えられないような価格で販売されているものも存在しますが、
一定のラインを超えると味と価格が比例することはないので、
これはかなりの贅沢品と考えられます。

通常は1帖500円〜1,000円出せば、かなり高品質の品物が購入できるはずです。

町の海苔屋さんでは、進物用としては600円くらいの商品が主流で、
そのお店の最高級品は800円〜1000円くらいで設定されている場合が多いようです。

ですからあるお店でそのあたりのグレードの商品で気に入ったものが見つからない場合は、
そのお店の好みとお客様の好みが著しく異なっているか、
そもそもそのお店の品揃えに問題があるか、
どちらにしても一度他のお店を試してみることをオススメします。

当店の場合でも、お客様の好みや用途によっては、
最適の商品をご用意できない場合もございます。

 
海苔の美味しさを決める三要素


●産地
●等級
●収穫時期



毎年収穫された海苔はこれらの情報をもとに非常に細かく分類されます。
さらに同じ作業が毎年繰り返されており、収穫年も重要な判断材料となります。

どれか一つでも情報が欠けてしまうと、
その海苔を評価することができなくなってしまいます。

逆にいうと、これらの情報が揃えば、
その海苔の明細はかなり絞り込むことができます。

年間約100億枚収穫される海苔のうち、

これらの情報をもとに数百万枚にまで限定することも可能です。
しかし、これらの情報を全て開示して販売しているお店はほとんどなく
(当店も特に掲載しておりません)、
消費者の方が知ろうとしても知る術はありません。

また、実際にこれらの情報を入手できたとしても、
それらの個別の情報が何を意味するのか解読できなければ意味がありません。

ちなみに当店の海苔の多くは、
「産地:佐賀or福岡」「等級:○1〜○2」「収穫時期:冷凍網一番摘み(1月中旬頃)」
となります。

年によって若干変動はありますが、
基本的にはこのような中から実際にサンプルを食べてみて、
現行商品と照らし合わせて選び出します。